会社案内ABOUT US

沿革

DOWAグループは長年にわたり培ってきた
鉱山・製錬の技術を現代に活かし、
高機能材料の開発、さらに環境・リサイクル事業を手掛けています。

1869年(明治 2年) 藤田伝三郎、大阪において事業を興す
1884年(明治17年) 藤田組(当社の前身)、政府から小坂鉱山の払い下げを受ける
1899年(明治32年) 藤田組、児島湾干拓事業に着手(~昭和10年完了)
1916年(大正 5年) 藤田組、岡山県柵原鉱山を買収
1953年(昭和28年) 岡山製錬所設立、硫酸3,000トン/月規模で創業開始
1968年(昭和43年) 高品位酸化鉄の製造を開始
1969年(昭和44年) 第1期硫酸増量工事完成、33,000トン/月体制に
1974年(昭和49年) 第2期硫酸増量工事完成、70,000トン/月の生産。日本最大規模に
1983年(昭和58年) 大容量磁気記録用メタル粉の製造開始
1987年(昭和62年) 岡山製錬所から「岡山工場」に改称
1994年(平成 6年) 高性能希土類磁石の製造を開始
1995年(平成 7年) 積層セラミックコンデンサ用銅粉の製造を開始
1996年(平成 8年) 大容量磁気記録用メタル粉製造設備増強、月産175トン
2003年(平成15年) 岡山工場操業開始50周年を迎える
2006年(平成18年) 同和鉱業(株)持株会社制の新組織へ移行、同和鉱業(株)岡山工場改め、DOWAエレクトロニクス岡山(株)発足
写真:採掘風景

創業当時の柵原鉱山

岡山県北部の柵原鉱山で硫化鉄鉱を採掘していました。

写真:工場全景

1984年 工場全景

当時の酸化鉄ヤードから見えた工場全景です。

写真:工場内部

硫酸バリウム粉設備

消化管検診用造影剤に使用される硫酸バリウム粉を製造しています。

会社案内